CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ラオスの駅弁

移動中の弁当基本形

ラオスには鉄道が無い(正確にはタイとの国境にかかる橋に鉄道が通っているが、国内の一般的移動手段としては無いんです)。移動はバス。そして移動中の飯は、もち米と焼き鳥が定番。

ラオス南部を旅していると、街に停まる度に、焼き鳥やもち米、ゆで卵などを持った売り子達がバスに乗り込んでくる。
トイレ休憩に停まる店には、コーヒーマシーンも有ったり
勿論、ビールを売ってる店もある。
手ぶらで乗っても困りませんよ。
| Laos | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
あ、そうか。

ラオスを旅してゲストハウスに泊まっていると、備え付けのサンダルが写真のように一部欠けているのをたまに見る。

何かその方が便利なのことがあるのかなと思っていたが。
さっきバンコクの宿のトイレにしゃがんでいる時に、あっ!て閃いた。
もしかしたら持って行かれないように⁈
| Laos | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤワラー御三家ホテル

楽宮大旅社

バンコクのチャイナタウン、ヤワラート。

日本人貧乏旅行者の間で知られた宿が三つある。

一つは小説?にもなった、楽宮旅社。

看板が残っていた。よく見ると大旅社とある。
初めて行った83年当時、確か1泊50バーツだったと思う。
その頃、現在の安宿街カオサンも外国人に知られてきた頃で、
老舗のVSゲストハウスが一泊25バーツだった。
日本人がそれでもヤワラーに泊まったのは、地方へ旅するのに駅が近かったのと、建物や看板に漢字が多くてなんとなく安心感があったのか?
そして、屋台や飯屋が多かった、特に楽宮下には北京飯店という日本食を出す店があったことも理由だろう。

小さな通りなのに何故かサンティパップ大通り

この大通りに楽宮があった。

楽宮と一階の北京飯店、ともに閉じてしまった

もう楽宮に泊まろうとは思わないが、北京飯店には行きたかった。残念。

楽宮の入口

初めての海外がバンコクだった。

ドンムアン空港に夜遅く着いて空港の床で仮眠し、翌朝バスでホアランポン駅へ。
初日、実は楽宮に上がるこの階段が薄暗く、初めてだったこともあり胡散臭くて登れなかった。
一泊目はマレーシアホテル近くのBoston Innという宿に泊まり、二泊目から楽宮に移った。

まあ、決して清潔とは言えなかった。

ジュライホテル

宿泊日数としてはこのジュライが一番多かった。
エアコン付きの宿では一番安い部類で、楽宮に比べたら部屋も広く、清潔だった(比べたらだよ)。
朝は北京飯店で、お粥と梅干し、アサリの味噌汁とかを食べていたかな。
夜は裏のフードコート(屋台の集まっているだけ)や表の屋台で賄えた。
そのジュライも閉店。
ジュライが満室の時は台北旅社に流れるのがパターンだったが、台北旅社もクローズしていた。

クルンカセム・スリクルンホテル

バンコク楽宮ホテルだったかを書いた作家は、一週間程スリクルンホテルに泊まり楽宮に通ったと、誰かから来たことがある。

今でも残っているのはこのスリクルンだけだ。
レンガ色だったのが、群青色に塗り替えていた。
今この界隈にはB&Bやカフェも出来始め、白人旅行者も普通に歩くような街になっている。
どれも、個性的な宿だった。
| Thailand | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボラヴェン高原 滝三昧

Tad Hang 近くまで車で行けます

ラオス南部のボラヴェン高原は、コーヒーの産地であると同時に、滝が沢山あることでも知られます。

実際に旅行者が観光できる滝を一通り全部見ようと思ったら、車をチャーターしても恐らく2、3日はかかります。
480キロぐらいは走りますし、駐車場からしばらく歩かなければ見れない滝もあるからです。
そこで、どんな滝があるかを参考までに。
Tad Lo 近くまで車で行けます
Tad Soung 村から800メートル歩きます。それで水が無いとがっかりですね
最初の3枚は三つ合わせてタートロと呼ばれています。
タートスンはその中でも高低差があるのですが、上流のダムで止めているのでしょう。水がないと単なる壁です。
よく言われるジョークに、fallsじゃなくて wallsだったよ、なんて。
滝の裏に洞窟でもあって、その間だけ入れるとかなら別ですが(危険ですからあってもダメですね)滝は水がないとね。
Tad Itou 1
駐車場から階段を降りて行きます。
さらに下流へ歩いて2の滝3の滝
Tad Itou 2
Tad Fan 駐車場から近い
以前観光するといえば、タートロとタートファンの二つ滝でした。
今タートファンではジップワイヤーもあります。
Tad Champi
駐車場から5分ぐらい歩きます。地味ですが、駐車場にある食堂にWi-Fiがありますよ。
Tad Yuang
駐車場から急な階段を下りて行きます。
これら四つの滝は近くに点在するので、1日で回ることになると思いますが、
タートユアンが一番見応えがあるでしょうか。
Tad Tayicsua
コーヒーの街パクサンから、アタプーへ行く途中にあります。
7つの滝があって2時間ぐらいトレッキングするのだそうですが、
写真は最初の滝。
ここに降るだけでも結構足場の悪い所を歩いて行きますから、注意が必要です。
Tad Kotamtok
車を止めてすぐのところから撮影した滝です。水量が少なかったので、下までは行きませんでした。
滝を見るには、雨季の終わる10月あたり、水量が豊富でいいでしょう。
Tad Houa Krone
セコンという町から20キロくらい離れたところにある滝です。
午前中は水量が少なかったのですが、反対側に渡って撮ろうとしたら水量が増えました。ダムがあるんですね。
再撮する羽目に。
Tad Faek
セコンから18キロ離れたところにある滝で、ピクニックするラオスの人たちで賑わっていました。
Tad Pasuam
小さいですが形が綺麗な滝です。ここも水量が豊富だったら、もっと違った滝になるでしょうね。
ちなみに私はパクセでバイクを借りて、4泊5日で回りました。
| Laos | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
bamboo coffee という飲み物を飲んだことがあるかい

bamboo coffeeという 飲み物を飲んだことがあるかい

ほら台風1号の名前にもなったボラヴェン高原で飲まれているやつさ

パパイヤサラダを作るすりこぎで豆を挽き

竹筒に穴を開けたフィルターに入れるのさ

お湯を注いで飲めば飲むほど

君はインドシナのラオスという国を

旅しているだろう

| Laos | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/100PAGES | >>